自己紹介

Self Introduction

皆さんはじめまして。

マツナガシュンスケと申します。

まずは、簡単に自己紹介をさせてください。

私は、2018年10月頃から、いわゆる「ストリートフォト」を撮り始めました。

それまで漫然としたサラリーマン生活を送っていたのですが、ふと「人生このままで良いのだろうか?」という漠然とした不安を感じるようになり、次第に、「自分で何かを生み出したい」と思うようになりました。

前からアートに興味はあったのですが、絵や音楽は練習に相当な時間がかかりそう。

そんなとき、「写真ならカメラさえあればすぐに始められるのではないか?」と思い立ち、早速カメラを購入します。

(カメラについてはまた次回ご紹介したいと思います。)

I am Shunsuke Matsunaga, nice to meet you!

Let me quickly introduce myself;

I started taking so-called “street photography” in October, 2018.

Up until then I had been spending a peaceful, but rather vague life as a saraley-man, but gradually started to feel a desire to “create” something by myself from an ambiguous anxiousness of doing the same thing for the whole life.

I’d long been interested in art, but painting or playing musical instruments takes too much time for practice - but if it is photography, I thought, all I need is a single camera and I am good to go! -  that's how I grabbed my very first camera and started taking photos.