top of page

「WHY?なんで私は写真を撮るの?」

Why I Take Street Photography



こんにちは、夢です!

暑くなってまいりましたが皆様お元気でしょうか?

さて、ある日、Frame Tokyoのグループラインに、Takeshiさんからのこんなメッセージが。


「何故自分はストリートを撮るのか?を考える事は自分の中にコード(基準)を作るのに役立ち結果写真に個性が現れるのかなと思います。」

外に出れば、写真を撮ろうとしていたにも関わらず、良い写真が撮れずスランプに陥っていた私にとって、なかなか答えるのが難しい質問です。

そこで、スランプから脱出すべく、この問いへの答えを見つけることにしました。

一つの記事にすると長くなりそうだったので、トピックを分け、シリーズ化してお届けします。

記念すべき第一回は、題して

「WHY?なんで私は写真を撮るの?」です。


Hello readers. I am Yume. 

It is getting hot recently and how are you guys doing? 

One day, Takeshi, who is the founder of Frame Tokyo Collective sent a message to members, 


" Asking myself, " why I take photography," strongly help to think about a basis of taking photography to visualize own special character." 


Takeshi's message was very difficult to find the best answer for me because recently I was in a big slump that I could not take any good photos even though I mostly went outside with my camera. Therefore, I decided to find the answer of that question, which is why I take street photography to overcome the big slump. 


It is going to be so long if I write on only this article, so I will share my thought in different article separately in the future. 

The theme of the first article is, " Why I take photography?" 



なぜ自分は写真を撮るのか?

Why I take photography?


在宅での仕事中。なかなか抜けにくい飲み会の最中。外出が憚られる暴風雨の夜。ライティングが妙に良い授業中の教室。

「ああ、、、、。写真が撮りたい!!」

そう感じたことがありませんか。私はあります。

それでは、なぜ、私は写真を撮りたいのでしょうか?

いろいろ考えてみてたどり着いた答えはズバリ、


「自分の言葉では表現できない感性と、自身の拡張を認識し、伝達することで自分の存在を認めて欲しいから」


だと考えています。


この文には、いくつかの要素が含まれているので、それぞれの点について見ていきましょう。



Have you ever felt like you want to take photography when you are working in your house, during a drinking party, the night with heavy rain and during the class? I have felt that. 

So why I want to take photography?


My answer was, " Because I want everyone to know my personality through my sensibilities that I can not describe and express with my own words and expansion of my potentials ."

There are some elements that I need to explain, so I am going to go through each elements.



「言葉で表現できない感性と自身の拡張を認識する」

Recognizing Sensibilities that I can not Express with My Own words and Expansion of My Potential 



写真を撮るときの自分を思い返してみると、言葉で表現できないような衝撃や、感性に触れられた時の「納得感のある快感」を追い求めているように思います。


構図の端正さや、光と影のバランス、人間の表情など、画面を構成するそれぞれの要素の優越を乗り越えて、目の前の光景が一つの絵となって気持ちに訴えかけてくる、


それが自分が言葉で言い表せない、しかし自分の潜在的な意識に強く語りかけてくる、感覚です。


以前他のメンバーの記事でもたびたび語られている、「決定的な瞬間」のことだと思います。


もしかしたら、それは自分で認識していない自分の一部に気づくことなのかもしれません。


そしてそれは、自分の新しい感性を認識し、自らに内在する無限性に触れることなのかもしれません。


I feel that I seek the satisfaction that I can feel some impact or impressiveness I cannot describe when I look back myself. 


The feeling overcomes the superiority of each element that composes the screen, such as the sophistication of composition, the balance between light and shadow, the facial expression of people, and the scene in front of me appeals to me as a picture. 

It's like speaking to